ハーブ、ハーブティー専門店:ビタミン&ティーマート『ザ・ハートランド』
ショップ案内 ご注文方法 ご注文用メールフォーム 極・私・空・間 掲示板 お問い合せ  
ハーブ、ハーブティー専門店:ショッピング

ハーブ、ハーブティー専門店:お茶
減農薬ドライハーブ
プレミアムドライハーブ
ブレンドティー
その他のお茶
アロマ/エッセンシャルオイル
入浴剤/バス用品
ダイエット
サプリメント
リース
ハーブ、ハーブティー専門店:その他の商品

ストア内検索

 

 

ご注文は

1:メールフォーム
2:Eメール
3:FAX・お電話でどぞ
フォーム: こちら
Eメール: info@hl-herbmart.com
FAX: 092-542-5834
TEL: 092-542-5844

◆メールフォーム&Eメールをご利用の際は、商品名と販売価格(HL価格)を必ず記載ください。


HOME > 極・私・空・間 >ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方)

ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方)


ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方)
美味しいハーブティーの入れ方

ハーブティーを入れるのに難しいルールは
ありません
日本茶や紅茶と同じように入れればよいのです

熱湯を注いで、3〜5分で美味しい
ハーブティーがいただけます

好みに合わせてオリジナルブレンドや
楽しみ方を自由にアレンジしてみてください
ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方)

ハーブを入れたガラスのポットに熱いお湯を注ぐと、芳しい香気が立ちのぼります。
一瞬のアロマテラピーを楽しみながら蓋をしてしばらく待ちます。
お湯の中でハーブの葉や花が開いてく様子は、心地よい時間の流れを感じさせてくれます。
お茶が出来るまでのひと時もまた、ハーブティーの楽しみです。

ハーブティーの楽しみ方

天然の不思議な力を持ったハーブ
これをお湯に浸すと、ハーブの種類によって
色々な色や味、香りのするハーブティーが
出来上がります。
透明感のある赤くて美しい色と
酸味が刺激的なハイビスカスティーは、
疲れているときに、元気を与えてくれます。
スパイシーなカルダモンは、お湯だけでなく
紅茶やスパイス、牛乳を加えれば
ポカポカと身体を温める、
美味しいハーブティーになります

ハーブティーには、魅力がたくさん詰まっています。
もっと美味しく、楽しく、そして効果的に利用しましょう。
その方法はとっても簡単!

【心と身体に優しく働くハーブティー】

ハーブティーはナチュラルティーで、その多くがノンカフェインです。使われるハーブには、色々な薬効成分が含まれています。

ハーブティーは、香りの効果と飲むことによる薬理効果の双方を楽しむ事が出来るのが特徴です。立ち上がる香りを嗅ぐことで、鼻から微量の揮発性成分(精油成分)が吸収され、臭いの化学分子は嗅覚の神経系経路を通って脳に到達し、穏やかなアロマテラピー効果が期待できるのです。さらにティーに溶け出す水溶性成分には、タンニン、フラボノイド、ビタミン、ミネラルなどがあり、消化管から吸収されます。つまり、ハーブティーは、精神面と肉体面のどちらにも働きかける、自然の恵みなのです。

ハーブティーを心や身体の健康のために飲みたいと思うのであれば、 使用するハーブのことについて知っておくべきでしょう。ハーブには薬効成分が含まれています。時として医師が、治療のためにハーブを使用することがあります。つまり、心身への効果があるぶん、薬を使うときと同じような心構えが必要なものもあります。

使いたいハーブが決まったら、そのハーブが持つ効果と、使用に際しての注意点を必ずチェックしましょう。 ハーブによっては、たとえば妊娠中は使用を控えるなど、使用制限があります。さらに、持病や治療中の病気がある人、妊娠中の人、お子様はハーブティーを使用する前に、必ず医師に相談をしましょう。

また、ハーブティーは病気を治すために使うのではなく、あくまで予防のため、または軽い不調をやわらげるときのサポートとして利用するのがよいでしょう。気になる症状があるときは、まずは医師に相談することが大切です。

本格的にハーブティーを楽しむ

ハーブティーの入れ方の基本は、ティーポットにハーブティー小さじ1〜2杯を入れ
熱湯を注いで待つこと3〜5分
茶漉しで漉しながら、カップに注げば出来あがりです

ハーブティーは煮出すものではありません


ココでは、より詳しくハーブティーの入れ方を記載しますが、難しく考えないようにお願いします

ハーブティーをHOTで楽しむ!
1:準備するもの一人分
・ティーポット(陶器製の物か、出来れば目でも楽しめるガラス製のもの)
・ドライハーブ(ティースプーン1〜2杯・茶漉し
・出来れば砂時計
・沸騰したお湯150〜180cc
・カップ
ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方) ■市販のドライハーブにはカットされてないホール状のものと細かくカットされたもの、パウダー状のものなど様々です。お茶に使いやすいのはカットされたものですが、つぶ状のものは乳鉢などで砕くとよいでしょう
2:
ティーポットはあらかじめ温めておきます。ハーブの量はティーカップ1に対してティースプーン1〜2杯が目安です。ブレンドする場合も分量は同じです。ティーポットに人数分のハーブを入れます。
ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方) ■分量はドライハーブの種類によってカサが異なります、スプーンで計りにくい花や大きな葉などは指先で軽く一つまみ、と考えて目安としてください、種子など粒状のものは乳鉢等で砕き、大きな葉は手でちぎって使うようにします。
3:
沸騰したてのお湯を静かにポットに注ぎます。(沸騰させたばかりのお湯は30秒ほどおいて、湯が落ち着いたところで使用します)
ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方) ■水道水を直接利用の場合は、沸騰してから1〜2分そのまま沸騰させた後使用すると、カルキ臭がトビハーブの香りが生きてきます。
4:
ふたをして3〜5分蒸らします。ふたをするのは、保温と香りを逃がさないためです。蒸らす時間はハーブの種類によって多少異なります。あまり長い時間蒸らしすぎると、味や香りが変わってきますので御注意ください。
■カモミール、ペパーミント、レモングラスなどのような花や葉の蒸らし時間は約3分です。ローズヒップやジュニパーベリー、リコリスなど実や根を使用するものは5分程度を目安とします。
5:
茶漉しを使って、カップに静かに注ぎます。注ぐときにティーポットを2〜3回静かに水平に回すようにすると濃度が平均になります。
ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方) ■何人分かを同時に入れる場合は、少しずつ順番に回し入れすると均等の濃さに入れることが出来ます。
茶漉し(ティーストレーナー)も紅茶用の物で代用できます。
出来れば、金属性のものより陶器製、ガラス製のものがお勧めです。
6:
ポットの中に入れたお茶は1回で入れきってしまい、ポットの中に残さないようにします。
最後に葉や花を極々少量浮かべて演出するのもアイデアです。
ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方) ■TVの影響などで烏龍茶や麦茶のように大量に煮出して作り置きし、飲むことをお考えの方が増えてますが、ハーブティーの本来の楽しみ方は、その都度入れて飲むことです。1日の中にゆったりとハーブティーを楽しむ時間を,,,,,,,,,,,,,,,,,
ハーブティーの効用・効能

ハーブティーは優れた効用・効能を持つといわれます。体の中の毒素や老廃物を外に出す効果や体に活力を与える力、そしてリラックス、鎮静効果などなど。これらはハーブティーの種類によって厳密に分けられるものではありませんがハーブは総じて2〜3の効果・効能を持ち合わせるものです。

アルカリ飲料であるハーブティーは、毎日の健康にきっとお役立ていただける飲み物です。
シングルで飲むのもよいですが、お好みで2〜3種のハーブをブレンドして飲まれれば、ハーブおのおのが持つ効果・効能も相乗効果でより高まるといわれています。

少し飲みづらいハーブもありますが、お好みで少量のペパーミントや蜂蜜を加えると飲み安くなるものがほとんどです。

是非、オリジナルブレンドを完成させてくださいね!

ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方)
ハーブティーをアイスで楽しむ!
普段はホットで飲んでいるハーブティーもアイスにするとまた美味しさが変わります ハーブティーの楽しみ方(ハーブティーの入れ方)
○アイスティーのおいしい入れ方

(1)ホットで入れる場合の倍の量をティースプーンなどではかり、ティーサーバーにいれる。  
(ティーバッグで入れる場合にはティーバックの個数を倍に)

(2)熱湯を注ぎ、3分蒸らす。  
(ローズヒップなど実を使うものは5分程度)

(3)氷をたっぷり入れたグラスに(2)の濃いハーブティーを注ぎ、氷を溶かしながらいただきます。  
甘みをつけたい場合にはガムシロップが便利です。  
ハチミツで甘みをつけたい場合は、グラスに注ぐ前の熱いうちに溶かし入れると溶け残りがありません。
○アイスハーブティーを作りためる場合

毎日の日課になってくると、そのつど入れるよりも作りためておくと手軽です。
1リットルくらいの麦茶ポットに作りためる場合はこちらをご参考にどうぞ

(1)麦茶ポットと同じくらいの容量のコーヒーサーバーを用意し、ティーカップ8杯分〜9杯分のハーブをいれる。

(2)熱湯を注ぎ、5分蒸らす。  
(ローズヒップなど実を使うものは10分程度)

(3)甘みをつけたい場合にはここで加えます
ハチミツですと大さじ4杯くらいが目安ですが、お好みで増減します  

【ポイント】
冷蔵庫で冷やすと甘みが薄く感じます。
やや甘みが多い程度にしておくと、冷えたときにちょうど良い甘さになります。

(4)あら熱をとってから麦茶ポットに注ぎ、冷蔵庫で冷やす。

(5)スライスしたレモンなどを浮かべてもおいしくいただけます。
アイスハーブティーのブレンドの例です。参考にお役立てください!

【ラベンダーティー&ソーダ】
・セイロンティー小さじ4 ・ラベンダー小さじ1
・お湯250cc ・炭酸水 ・蜂蜜大さじ2

1.紅茶+ラベンダーにお湯を注ぎ3分蒸らす。
2.蜂蜜を入れて溶かしてから冷ます  

【ウコンミルクティー】
・セイロンティー50cc ・ミルク150cc ・ターメリック×ティースプーン1 ・シナモン×ティースプーン1

1.ミルクにターメリックとシナモンパウダーを入れかきまぜる
2.冷やした紅茶に上のミルクを注ぐ      

【サッパリ風味のハーブティー】
・メドゥスイート×1 ・レモンバーベナ×1 ・レモングラス×0.5
 

▲ページトップ
 
     
Copyright(C)2004 The Heart Land Co., Ltd. All rights reserved.